日能研には入塾テストがあるのは有名なはなしですが、同様に他の人気のある進学塾も入塾テストはあります。なぜ入塾テストをするかというと、人気なゆえに定員を超える応募があるからというのが1つ。そしてもう1つは個別指導ではないので塾の授業に付いてこれる最低限の学力が求められるからです。塾は学力を付けるために通うもの。しかし塾に入る時点である程度の学力が求められるのは進学塾ならではと言えるでしょう。

で、その日能研の入塾テストですが、実際にはそれほど難しいわけではありません。ただ、学校のテストしか経験のない子は面食らうかもしれません。学校で習っていない問題が出るからです。ただ、合格ラインは高くはありません。入塾テストで半分くらいの点数でも入れたという方も大勢いるようです(各塾の定員数や応募数にもよります)。また、テストの成績の結果でクラス分けが決まります。

ただし、入塾を6年生から考えているという方にはオススメしません。6年生は3年、4年生からはじめた子が次のステップに進むカリキュラムなので、6年生から入ろうとしても入塾テストはかなり難しいでしょうし、入れたとしても授業についていくのが難しいと思います。他の塾からの転塾ならアリかもしれませんが、これまで塾に通ったことのない子なら6年生からは個別指導塾の方が合っていると思います。

日能研の入塾テストは、国語・算数の2科目。費用は無料です。

詳しくは公式サイトから資料請求

定期テストでクラス替え

日能研の入塾テストは難しい?合格ラインは?日能研では年に数回の定期テストを行い、クラス替えがあります。入塾テストで下のクラスでも、その後のがんばり次第で上のクラスに移るチャンスがあります(その逆もあります)。上のクラスに行けばさらにやる気が起きるでしょうし、下のクラスになってしまったらまた挽回するぞと頑張ると思います。

クラス分けのもう1つの意味は、授業を同じペースで進められる集団という意味合いもあります。むしろこっちの方が日能研としては重要でしょう。日能研は個別指導塾ではありませんが、割と一人一人の面倒をちゃんと見てくれます。その為には授業に追いつけない子がいるとその子のフォローの為に他の子のフォローがおろそかになってしまう可能性があります。なのでクラスを分けて同じレベル、教え方、進行スピードでみんなが付いてこれるというのが大事になってきます。

日能研のカリキュラムについて

日能研のカリキュラムは小学3年生からみっちりとつめこまれていて充実しています。やはり難関校と呼ばれる中学を合格するためには、小学校の早い段階から授業を受けておいたほうがいいと思います。

今、学力の低下が叫ばれていますが、やはり学校の授業だけでは追い付かない部分が増えています。そのため、学校の授業以外でも、きちんと下支えするような勉強を行う必要があります。特に中学受験はことさら力を入れる必要があります。まわりが受験モードになっていないなかで、進学校と言える中学を目指すためには、独自の勉強だけでは追い付きません。そんな中、中学受験を目指す日能研は合格への近道だと思います。

日能研の公式サイトはこちら




日能研 夏期講習 受験勉強に集中できる夏休みこそが勝負の分かれ目、夏期講習で何処の塾に通うかでその差が大きく変わる!

ページの先頭へ